静岡県コロナ休業協力金

弊所にお問合せいただいた事業者さまのある市町の情報を整理しますので、
ご確認いただければと思います。

静岡県

静岡県
休業要請期間 4/25(月)~5/6(水)
休業要請業種 遊興施設等 詳しくは以下のHPをご覧ください
https://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/documents/taisyousisetu.pdf

申請に必要な書類(予定)
ア 協力金申請書(法人にあたっては「法人番号」を記入)
イ 営業実態が確認できる書類
(例:確定申告書の写しのほか、直近の帳簿、業種に係る営業許可証の写し など)
ウ 休業の状況が確認できる書類
例:休業期間を告知するホームページ、店頭ポスターの写し など
エ 誓約書
オ 振込先口座がわかる通帳等の写し
カ その他必要な資料(例:賃貸借契約書の写し)

・静岡県と市町いずれの休業要請の対象になっている事業者さまについて、
協力金併給の取り扱いについては、市町ごとに違いますのでご確認ください
・多店舗経営をしている事業者さまについては、全店舗の休業が条件となります
・相変わらず施設の規模(床面積1000㎡)という要件があるので、
ほとんどの事業者はいまのところ県の休業協力金の対象外となります
・休業要請期間は4/25(土)からですが、4/29(月)からの休業が対象となります

富士宮市


休業要請 5/1~5/6(水)
休業要請業種 飲食店、宿泊施設、観光レジャー施設等
協力金 1店舗あたり30万円(2店舗以上ある場合は50万円)
申請書類 県の要求書類とほとんど同じものとなると思われます

・「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」による許可届出を行っている事業者は
県の協力金との差額を支給する方向で考えているそうです。

富士市


休業要請 4/29(水)~5/6(水)
休業要請業種 宿泊業、飲食店
支給額 30万~50万
申請書類(予定)
ア)協力金支払申請書
イ)営業実績がわかる書類
ウ)営業許可証の写し
エ)店舗の使用停止の状況が確認できる書類
オ)誓約書
カ)口座振替申請書
キ)通帳のコピー

・「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」による許可届出を行っている
事業者も対象とされています。

沼津市


休業要請期間 4/25(土)~5/6(水)
休業要請業種 宿泊業、飲食店、沼津港エリアの一定の店舗

・ナイトクラブ、バー、スナック等の「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」による
許可届出を行っている事業者は対象外とされています。
・静岡県の協力金との併給不可
・沼津市新型コロナウイルス対策中小企業応援給付金との併給不可


休業期間の間違えや提出書類の不備などの可能性で協力金がでないなどのことがないように
十分に注意して申請を行ってください

弊所では、15分程度の無料相談をしておりますので、分からないこととうがありましたら
お気軽にお問い合わせください。
また、ZOOMでのオンライン相談も行いますのでよろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。